【自力で酒さを治す03】酒さの悪化を防ぐために環境、外的要因を整える

色々調べて、以下の4つについて、できるところから、対処しようと決めていました。

  1. 環境、外的要因を整える
  2. 食生活の改善
  3. サプリメントの活用
  4. ストレスの軽減

外的要因ってどんな事?

外的要因は、体に触れるものを中心に考えました。プラス、住環境です。

その際に重要なのは自分の体をよく知る事かと思いました。
前回の記事で書きましたが、病院のアレルギー検査で、自分に何のアレルギーがあるのかできるだけ細かく調べてもらいました。一般的に、血液検査とパッチテストがありますが、両方やりました。

以下が検査で把握したアレルギーです。
金属のアレルギーが出たのは初めてで驚きでした。

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • カビ
  • 金属(ニッケル、金)

それに対しては、以下のように対応することを決めました。

  • 掃除はこまめにする(といっても掃除機は週1-2くらい)
  • アクセサリーは付けない
  • カーテン、枕カバー、布団カバーなども清潔

部屋があまり広くなく家具と家具の隙間のほこりなどが気になっていたので、ダイソンのハンドクリーナーを購入しました。

これが大活躍!!!で、ベッド、布団、ソファー、サッシの桟、毛足の長いラグ、ちょっと狭いところなどはダイソンで綺麗にしています。

化粧品は?

化粧品は、基本的に使用を全てストップしました。

働く女性にとって、メイクができないのは大きな問題です。
幸い私は家で仕事をしていたので、ばっさりメイクをやめられましたが、もし会社勤務だったら、同じようにできたか自信はありません。

でも、病気になったのは体が悲鳴を上げている証拠。
何かを変えなければいけないサインです。
自分の心と身体と対話して、何がベストなのか、決断していってください。

もったいないですが、愛用していたSK-IIも泣く泣く処分しました。
シートマスクはメルカリで売りました。

ただ、基礎化粧品を使わないとどうしても保湿が足りなくなります。

皮膚の保湿は、水分+油分が一般的だと思います。油分は、アトピーなどの方は使用されている方も多いですが、私は、元々白色ワセリンを愛用していたので、継続してしようする事にしました。

そして、化粧水は自分で手作りする事にしました。

一番簡単な手作り化粧水はこれ!

化粧品作りは正直面倒です。
以前挑戦しましたが、スクワラン、ヒアルロン酸など入れる材料が多いと材料を揃えるだけでも大変で、結局、長続きませんでした。

今回私がこだわったのは、とにかく簡単であること!!!

それはずばり、グリセリン化粧水です。

グリセリンは食品添加物にも使われるアルコール類の液体で、化粧品では保湿成分として使われます。甘味があるそうです。アルコール類のため可燃性があり扱いには注意が必要です。

重要なのはアレルギー性が低いこと!ただし、ゼロではないので必ず少し試してから使うようにしてください。

5%グリセリン化粧水の作り方

道具

  • 計量カップ
  • 小さじ
  • 化粧水用容器
  • 漏斗

材料

  • 精製水(手に入らなければ水道水) 100ml(95ml)
  • グリセリン 5ml 小さじ1

作り方

  1. 計量カップに100mlの線まで精製水を入れ、小さじ1杯分の水を捨てます。
  2. グリセリンを小さじ1計り、1の水に入れ、よく混ぜます。
  3. 作った化粧水を漏斗を使い容器に入れます。

保管は必ず冷蔵庫で行い、使用期間は一週間が目安です。
容器は、古いものを捨てて新しいものを入れる際には、必ず綺麗に洗って乾燥させましょう。

熱湯消毒するのが望ましいですが、プラスチックの容器を使用する場合は、耐熱温度までのお湯でも、50度以上あれば多くの菌が死滅するようです。

私は、100円均一(ダイソー)に漏斗付きのスプレー容器がセットで300円で売っており、それを使いました。100mlで小さな容器2本分でした。

 グリセリン水は、5%から10%が適切な濃度とされています。濃度が濃すぎると逆に肌の水分を奪うので、適切な用法を守りましょう。

まだまだ結構ある、体に触れる化学物質

皮膚に優しい生活を考えるとき、化粧品だけに目が行きがちですが、それ以外にも結構あります。それは、、、

  • シャンプー・コンディショナー
  • ボディソープ
  • ヘアクリーム・ヘアオイル
  • ハンドクリーム
  • ヘアカラー・パーマ
  • 食器洗い洗剤
  • 歯磨き粉
  • 衣類用洗剤

私は、ヘアカラー・パーマ、シャンプー・コンディショナー、ボディソープ、歯磨き粉はやめました。といっても、ヘアカラー・パーマ以外は全くやめたわけではなく、使いたいタイミングで適宜使う事にしています。

例えば、シャンプーはアトピー向けのものを購入し、普段はお湯で洗い、そろそろ油分が溜まってきたかな、というタイミングでシャンプーを使います。顔は必ず上に向けて洗い、洗浄成分が顔にかからないようにしています。

お湯だけで髪を洗うことを、「湯シャン」と言うそうですが、なんと福山雅治さんも実践されているそうです。

衣類用洗剤はアトピー向けのものを購入しましたが、一般的なものの方が香りがいいので、雨の時は一般洗剤、それ以外はアトピー用と使い分けています。

肌から吸収される有害な化学物質は経皮毒(けいひどく)と呼ばれています。頰の皮膚は、腕と比較すると13倍も化学物質を吸収しやすいそうです。
疾患のある頰にできるだけ毒を近づけないライフスタイルを心がけるのが良さそうです。

水道水の塩素は?

アトピーの人でよく話題になる塩素。

酒さに人にどうなのか、正直よくわかりません。

ただ、髪を洗ったときに、塩素除去のシャワーヘッドとそうでないものだと確実に髪の柔らかさが違うのです。それで、元々、シャワーヘッドは塩素除去していました。

気になるのは、湯船のお湯が顔にかかると、目頭の下くらいがとても痒くなる事。多分これは塩素とは関係ないかもしれません。汗とか?!でしょうか。

しかし、もし湯船の塩素が気になるなら、アスコルビン酸(ビタミンC)を0.5g程度入れると緩和されるのだそうです。

浄水器のお水が不味いと感じたら

我が家では、浄水器があるにもかかわらず、ここ数年はペットボトルの水を購入していました。というのも、味が不味いと感じていたからです。

浄水器の説明では、最初に1分以上水を出してから使用してくださいと記載があったのですが、もったいないからと無視していました。

しかし、そういえば、、、と思い、今回、1分以上出して2リットルの水さしに入れ、冷蔵庫で冷やして飲んだところ、美味しいではないですか!!!

取扱説明書をきちんと読むことがこれほど重要だと感じたことはありません。
目から鱗なのでした。

こんなことを気づいていないのは私だけかもしれませんが、もし同様に感じている方、ぜひお試しください。

コロナだからこその要因

今は、コロナの新規感染者が東京で連日200人を超え、感染拡大防止について、人々の努力が求められる状況です。

店舗に入る時はマスクをするのが当たり前になりました。
しかし、夏の暑さが本格化し、マスクかぶれが問題になっています。

酒さの人には、皮膚に接する部分がガーゼのマスクをお勧めします。

いくつか試しましたが、当たりが一番柔らかで肌がほっとします。

急いでいる時こそ、慎重に

この記事を読んでいる方は、きっと藁にもすがりたい気持ちかと思います。
少し前の私がそうでしたから。

でもこの病気はストレスも原因があるのだと思います。
だから、習慣を変えるにしても無理のない範囲で少しずつ実践しましょう。

一番大事なのは、自分に優しくしてあげることかもしれません。

次は食生活の改善について書きます。

酒さを自力で治すために、サプリメントを飲む人を応援します

酒さを自力で治すため、サプリメントを活用しています。
私は、いくつかまとめて購入するため、
注文しやすくて便利なiHerb(アイハーブ)を利用しています。
アメリカのサプリのため粒が大きくて若干飲みにくいですが、価格は安いです。

以下のリンクからiHerbへ行くと、5%の割引が適用されます。
よかったらご活用ください。

iHerb公式サイトへ

最新情報をチェックしよう!
>自分と同じく酒さと診断された人の力になりたい

自分と同じく酒さと診断された人の力になりたい

最初は毎日肌を眺めてため息をつく毎日でしたが、色々実践してだんだん回復してくると、私の体験が役に立つのではないかと感じ始めました。まだ治している途中で私も不安だらけですが、健やかな肌を取り戻すために一緒に頑張りましょう。

CTR IMG